« SQLの前に「DB設計」を身につけよう | トップページ | Railsは新人教育に向いていない »

2020.06.23

自治体向け給付金管理システムのプロトタイプ大競演

 「『10万円給付』のためのレファレンスモデルを公開」の記事で説明したデータモデルにもとづくプロトタイプのデモイベントを、7月1日(水)にオンラインで開催する。今回は、以下の5つのローコード開発ツールによる実装の比較検討である。

・楽々FrameworkⅡ
・Rmenu
・OutSystems
・TALON
・X-TEA Driver

 最初にデータモデルが説明され、5つの実装がデモンストレーションされる。同一のデータモデルを基礎としても、開発ツールによってさまざまな違いが生ずるのも面白いし、それだけ違っていてもデータモデルが同一というのも面白い。そこらへんをぜひ味わってほしい。

 今回の目玉として、Wagbyによって開発された給付管理システムの「実物」が披露される予定である。さまざまな制約ゆえに、現実の実装やDB構造がどのようであったかも理解できる。理想と現実の両方を居ながらにして眺められるという稀有な機会をお見逃しなく。

◆申し込み
「自治体向け給付管理システム」をアジャイル開発してみた

◆関連記事
アジャイル開発を加速させるローコード技術の衝撃(ZDNet Japan)
第7回:「自治体向け給付管理システム」に必要なデータモデルとローコード開発

|

« SQLの前に「DB設計」を身につけよう | トップページ | Railsは新人教育に向いていない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SQLの前に「DB設計」を身につけよう | トップページ | Railsは新人教育に向いていない »