« 「ラグビーW杯」をモデリングしよう | トップページ | 「フィーチャ・オプション」のモデルと実装 »

2020.04.05

Modelerの学習用動画と新刊のお知らせ

 IT勉強宴会の幹事である佐野氏が、X-TEA Modelerの学習用YouTube動画を作ってくれた。全3回でそれぞれ短めなので視聴しやすいと思う。

「X-TEA Modelerの使い方」IT勉強宴会

 これを観ながら、この種のモデリングツールはようするに「制約の多い楽器」なのだと思わされる。「制約の少ない楽器」が何かというと"声"であるが、これに相当するツールはPaintやVisioのような"お絵かきツール"だ。いっぽうシステム設計に特化したツールでは、さまざまな制約が盛り込まれている。たとえばX-TEA Modelerでは、テーブルの配置ルールが厳格に決められていたりする。またテーブル関連を張る際には、対応するフィールドのデータタイプが一致していなければいけなかったりする。

 しかしそういったこまごました制約は、システム設計を手早く肉体化するための仕掛けという側面もある。慣れるまではイライラさせられるだろうが、楽器の学び始めと同じく受け入れるしかない。まずは楽器の音域や構造上の制約を理解して、それに体を慣らせるために退屈な指運やエチュードを繰り返す。楽典(楽譜の表記法)も学ぶ必要がある。

 しかしいったん慣れてしまえば、俄然豊かな世界が広がる。その楽器向けに書かれた楽譜を使って、さまざまな曲を演奏して楽しめるようになる。X-TEA Modelerのサイトからは、さまざまなシステム設計事例をダウンロードできる。多くのシステム開発者にとって絶望的に欠けているのは、本格的かつ膨大な設計事例を「鑑賞」する機会である。それを無料で享受できるのだから、多少苦労しても学ぶ甲斐がある。

 じっさいのところ、ExcelやVisioのような汎用ツールで書かれた設計書をいくら読み込んでも、システム設計の勉強にはならない。開発会社が抱えるそういった資料からは、案件の全貌が読み取りにくいうえに、案件固有のノイズが多く含まれているので学習の歩留まりが悪すぎる。使いやすい教材であるためには、効果的な様式が与えられ、かつ、ある程度抽象化される必要がある。何よりも、学習者が設計書どおりにシステムを動作できなければいけない。

 ツールが要求するさまざまな制約と用例に慣れ、かつそれが与えてくれる教材を使い倒した後の課題は、「自分の作品」を生み出すことだ。その際に大事なことは、生み出したいシステム定義の構想があるかどうかである。よく言われるように、心から弾きたくて弾きたくてしょうがない曲があれば、楽器は自然に上手くなるものだ。同じように、自分なりの設計課題があれば、モデリングツールの扱いもモデリングそのものの上達も早い。けっきょくは「その道具を使って生み出したいと切実に望んでいる何か」を持っているかどうかが鍵なのである。

 いいタイミングで、12年ぶりの新刊『システム開発・刷新のためのデータモデル大全 』(日本実業出版社)も発売される。新型コロナで閉じこもりがちな日々、これらを活用してシステム設計のスキルを身につけてほしい。

|

« 「ラグビーW杯」をモデリングしよう | トップページ | 「フィーチャ・オプション」のモデルと実装 »

コメント

アラフィフでシステム開発を生業にしてもいませんが、このスレを見て思わず、Amazonで予約注文してしまいました。
去年、FileMakerProを購入してそのままなので、システム設計ノウハウをこの本で覚えたら、実装してみたいと思っています。
たのしみ~

投稿: たりぽ | 2020.04.13 22:24

たりぽさん

ありがとうございます。FileMakerは複合主キーを使えない開発環境なので、正規化崩し(サロゲートキーの導入)の項が参考になると思います。

投稿: わたなべ | 2020.04.14 09:48

わたなべさん、こんにちは。
何も知らない素人にヒント、ありがとうございます。
FileMakerは複合主キーが使えないんですね。
そうすると三要素分析法を活用するにはよろしくない環境なのでしょうか?
商用ベースの残りの手持ちの環境は、ACCESS2019なので、どちらで実装したほうがよいか、迷っていましたが、Webアプリがそのまま作れるのはFileMakerなので。。。

投稿: たりぽ | 2020.04.14 21:32

連投失礼します。
『「単独主キー専用環境」と賢くつきあうために』あたりをサラッと読みました。
DB設計は通常通り三要素分析法で実施してから、サロゲートキーを追加すればいいのですね。
(X-teaも、FileMakerも両方ともあまり知らないので)ちょっと不安が残りますが、X-teaモデラーで設計しつつ、FileMakerを覚えながら、一本作ってみます。

投稿: たりぽ | 2020.04.14 22:02

先生の著書は前句読ませて頂きましたが今は紙の本を買っていません
是非KINDLE化もしくはPDF版希望です

投稿: M. Y. | 2020.04.16 13:31

M.Y.さん

版元に問い合わせたところ、電子版については準備中ですが作業が遅れていて、6月頃に手に入るようになるとのことです。それまでお待ちいただけますか。

投稿: わたなべ | 2020.04.16 18:54

さっそく新刊を入手しました!
執筆ご苦労様でした。
読んで、感想などをまた書き込みさせて
いただきます。

投稿: MOMO | 2020.04.17 11:51

朗報 電子版出版予定 有難うございます!

投稿: M. Y. | 2020.04.17 17:01

日経xtecの花束問題の記事から渡辺さんを知り、業務システムのための上流工程入門から、最新の著書まで読みました。
これほどまでにシステム設計において、実践的で有用だと思えた教材は今まで出会えてなかったため、非常にためになりました。
Conceptwareも含めて何度も繰り返し読み、設計スキルを磨いていきたいと思います!

投稿: Mit | 2020.04.19 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ラグビーW杯」をモデリングしよう | トップページ | 「フィーチャ・オプション」のモデルと実装 »