« 業者の設計スキルをハダカにする | トップページ | DB開発とアプリ開発を分離せよ »

2018.02.20

システム開発ライブのお知らせ

 システム要件にもとづいてその場で業者に設計・実装してもらう。ユーザ企業はその成果を比較検討して発注先を決める。それがシステム開発のための「オーディション」です。その可能性と実際の雰囲気を感じてもらうためのイベントが、新潟と東京で開催されます。

 従来の業務システム開発では、設計品質のわかりにくさゆえに、業者選定の過程では知名度、および提案書やプレゼンの美麗さばかりが重要視されてきました。このままでは業者は設計スキルを磨こうとはしないし、システム開発は分の悪いバクチであり続けるでしょう。いい加減な設計をすれば顧客を囲い込めること、結果的に継続的に儲かることを彼らはよく知っているからです。

 そんな状況が変わりつつあります。コーディングを大幅削減する現代的な実装技術と伝統的な設計技術(DOA,データ指向アプローチ)とが融合して、開発効率が劇的に高まったためです。結果的にユーザ企業は、RFPを示したその場で業者を「実技審査」できるようになりました。オーディションで認めてもらうために、業者や技術者は設計スキルを磨かざるを得なくなります。その恐るべき未来を体感してください。

■開発の鉄人@新潟<データモデリング&超高速開発ライブ>
○日程:2018年3月3日(土)13時30分~17時
○会場:新潟日報メディアシップ日報ホール(2階)
○定員:100名
○お申込み:こちら
○プログラム
・特別講演「加速化する電子政府の動向と超高速開発への期待」
 総務省行政管理局技術顧問 高橋邦明氏
・データモデリングライブ
 DBC代表渡辺幸三氏
・システム実装ライブ
 県内IT企業、県内在住技術者による4チーム

■JUASラボ「どこまで使える!?超高速開発Liveモデリング」
○日程:2018年3月14日(水) 13:30-17:30
○会場:TKP秋葉原カンファレンスセンター
○定員:50名
○お申込み:こちら
○プログラム
・データモデリングライブ
 DBC代表渡辺幸三氏
・システム実装ライブ
 超高速開発ツールベンダー5チーム

※今週、こんな勉強会も開催します。関西圏の方はぜひどうぞ。
■第61回IT勉強宴会「設計品質をどう確保する?」
○日程:2018/02/23(金)19:00~21:00
○会場:新大阪第一生命ビル13F会議室
○定員:20名
○お申込み:こちら
○内容
前回記事「業者の設計スキルをハダカにする」についての議論です。

|

« 業者の設計スキルをハダカにする | トップページ | DB開発とアプリ開発を分離せよ »

コメント

 モデリングライブ、ぜひ見てみたいと前々から思っていたのですが、なかなか予定が調整できず今回も参加できなさそうです。。きっと同じような想いの人は多いのではと予想します。

 そこで質問なのですが、会場の様子を動画で公開するなどの予定はないのでしょうか?渡辺さんの思想を伝える手段として非常に有効な媒体だと思うのですが。

投稿: くまきち | 2018.02.24 08:20

くまきちさん

モデリングライブの動画を撮る予定はあるようですが、ネットで公開するかどうかはわかりません。隠すつもりはさらさらないので、前向きに検討したいと思います。

投稿: わたなべ | 2018.02.27 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム開発ライブのお知らせ:

« 業者の設計スキルをハダカにする | トップページ | DB開発とアプリ開発を分離せよ »