« 問題領域とコンピュータの狭間で | トップページ | システム化の恩恵を中小企業へ »

2014.06.01

システム開発は「セル生産方式」になる

 業務システム開発はこれまで「ライン生産方式」でなされてきた。論理設計担当、物理設計担当、プログラミング担当、コンパイル担当(コンピュータ)、テスト担当、保守担当などに分かれて、それぞれが各工程に特化したスキルを発揮し合うことで業務システムは生み出されてきた。

 ライン生産方式は少品種を大量に生み出すことに向いているが、業務システムはその真逆の「一品モノ」である。じっさい、同じ業界であっても各企業の業務システムは異なっている。各企業が存続できているということは、それぞれが置かれた経済社会上のニッチがあるということだ。必然的に、ニッチの特性を生かすために業務システムは固有性を帯びる。

 ではなぜそんな「一品モノ」のためにライン生産方式が採用されたのだろう。理由は単純だ。システム開発というものが、やたらと手間のかかるプロセスだったからだ。手数の多さゆえに、開発企業が案件を短期間でさばくためには多くの手勢で分業せざるを得ない。需要は右肩上がりだったので、要員や外注を集めることも難しくなかった(悪名高い多重下請構造はその帰結でしかない)。ようするに、システム開発におけるライン生産方式は、作ろうとしているモノの特性ゆえではなく、営業上の事情ゆえにやむを得ず採用されたのである。

 必然的に、さまざまな無理が生じた。あらためて言うまでもないが、それはユーザ要求に対する応答性の鈍さや品質の低さとして表れた。なにしろ大勢で手分けするのだから、次工程への指示書なしで作業は進まない。必然的にユーザは、どんなシステムにしたいかを初工程でもれなく宣言させられる羽目になった。ただでさえわかりにくいソフトウエアのあり方を、彼らが事前に精確に表明できるわけがない。仮にそれができたとしても、その意図は大勢の伝言ゲームの中ではまともに伝わらない。システム導入のコストパフォーマンスは劣悪であり続けた。

 ここらへんの問題は「ドキュメント偏重ゆえの弊害」として説明されがちだが、これは見方が浅い。ドキュメントで工程間を申し送るいわゆる「ウォーターフォール」は、システム開発をライン生産方式で運用するための「合理的」な工夫でしかない。また、ドキュメントは担当者の交代や将来の基盤交換に備えてどうしても必要なものだ。本当の問題は、システム開発に本来不向きなライン生産方式をとった点にある。

 しかし、状況は変わろうとしている。システム開発の多くの手順が、ソフトウエアによって支援されるようになっているからだ。その結果、たとえば設計とドキュメンテーションと実装とが単一の工程として統合されつつある。そうなれば、大勢でやる必要も、手分けする必要もない。

 実装技術がそのように進展することで、システム開発は「セル生産方式」に移行する。すなわち、1個の案件をひとりやごく少数のメンバーでまかなえるようになる。当然ながら担当者には適性や訓練が高いレベルで求められるが、作業内容が高度であるだけに遣り甲斐も報酬も大きい。全体のアーキテクチャがひとりの設計者によって目配りされるので、モジュール同士の整合性や統一感が向上する。なにより、動くソフトウエアをユーザにアジャイルに提示できるのでユーザ要求とすり合わせやすい。

 言い換えれば、システム開発の劣悪なコストパフォーマンスを改善するには、勝手にセル生産方式に移行してしまうような創造的な仕掛けこそが必要である。すなわち、業務システムが「クラスやメソッドの巨大で複雑な集まり」であることが隠蔽され、代わりにドメインエキスパートが了解可能な様式(DSL)によって端的に仕様が示され、その仕様を修正するだけでシステムの振舞いが変化する。そんな基盤や、その上で動作するシステムの業種別ライブラリが求められている。そういう仕掛けなしでがんばっても、ベルトコンベアに張り付いてみんなで仲良くサービス残業する態勢から抜け出せない。

|

« 問題領域とコンピュータの狭間で | トップページ | システム化の恩恵を中小企業へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム開発は「セル生産方式」になる:

« 問題領域とコンピュータの狭間で | トップページ | システム化の恩恵を中小企業へ »