« オブジェクトモデリングとデータモデリング | トップページ | 設計支援ツールとマルチユーザ対応 »

2014.04.17

フォントを替えて設計・開発を快適に

 ER図(データモデル)やDFD(業務フロー)を描くためのモデリングツール「XEAD Modeler」を1.3から1.4にリリースアップした。見た目の違いが新旧を並べるとよくわかる(図1と図2)。文字サイズとフォントが違う。

図1.XEAD Modeler 1.3
20140417a_2

図2.XEAD Modeler 1.4
20140417b

 フォントについては、プロパティファイル(xeadmdl.properties)で指定できるようになった。図2向けのプロパティファイルは以下のとおりだ。

#**************************
# XEAD Modeler Properties *
#**************************
MainFont = Meiryo UI
IOImageFont = MeiryoKe_Gothic

 基本フォント(MainFont)としてMeiryo(メイリオ)が指定されている。IOImageFontとして指定されるのは、パネル(フォーム)やスプール(印刷出力)といったシステム定義のイメージ作成で使われるフォントである。後者については等幅フォントを指定する必要があるのだが、デフォルト値のMonospacedのフォントは見た目がショボい。そこで私は、Meiryoの等幅フォントであるMeiryoKeをインストールして使っている。美しいのでおすすめだ。

 他に、ER図の操作性を改善した。テーブルの位置を変えるために、これまでは個々のテーブル毎にドラッグするか、シフトキーを使って全テーブルを同時にドラッグするかしかなかったが、マウスで矩形を描くことでテーブルを複数選択して同時に動かせるようにした(図3)。DFDについても同様に改善されている。

図3.ER図上でのテーブルの複数選択
20140417c

 また、ER図上でこれまではテーブルのフィールド定義が多いと、テーブルボックス中に複数段に並んで示されていたのだが、あえて1段でしか示さないようにした。このため、フィールドの一部が右側に隠れてしまうことがある。けっきょくテーブル毎のフィールド(表示対象フィールド)が多すぎてはいけないという話なのだが、コンテキストメニューの「テーブル幅の自動調整」を選べば、全テーブルについてフィールドが隠れないように幅が自動調整されるようにした(ただしフィールドが多すぎる場合、幅は2000ピクセルに固定される)。

 実装基盤であるXEAD Editor/Driverについても、同様の改善を進めている。XEAD EditorのScriptエディタを上述のMeiryoの等幅フォントに設定したりしているのだが、それだけでプログラミングが爽快になった感じだ。お気に入りのフォントを使って設計・開発を楽しんでほしい。

|

« オブジェクトモデリングとデータモデリング | トップページ | 設計支援ツールとマルチユーザ対応 »

コメント

こんにちは。
前から興味があったので来週からの基本設計フェーズで使ってみようと思ってWin8.1環境にVer1.4をインストールしようとしたところ、「このOS環境では対応していない云々」のメッセージが出てしまいます。
・再度、インストーラーをDL&解凍してから再実行しても同じでした。
・Ver1.3.57では今までも動いていましたし、今、インストーラーを実行掛けましたがやはり動きます。

もし特別な対応が必要でしたらご教授いただけると有難いです。

投稿: たりすけ | 2014.04.19 11:33

たりすけさん

失礼しました。インストーラにWin8.1対応のチェックを入れたつもりが外れてました。

さっそく修正版をアップしました。ついでに、記事にあるpropertiesファイルの読み場所を、コンテンツファイル(*.xead)が置かれたフォルダから、インストールフォルダに変更しました。

投稿: わたなべ | 2014.04.19 13:46

わたなべさま
早速のご対応、ありがとうございます。
無事、インストールと稼働を確認いたしました。

Delphiのバージョンの頃から、ずっとご活躍を見ておりました。
わたなべさまの情熱には驚くばかりです。

業務システムのスクラッチ開発が今後、どう生き残るか。
このツールが一つの解決方法になれば素晴らしいですね。

投稿: たりよん | 2014.04.19 15:34

こんにちは。
フォントの変更は私の目に大助かりで、さっそくダウンロードさせていただきインストールしたものの、起動すると「Could not find the main class: xead Modeler.application」と表示されます。
1.3は正常に動作していて、削除後に1.4をインストールしました。JAVAは最新版にアップデートしています。
何か確認点がありましたらお教えいただければ有難いです。

投稿: わたなべは | 2014.05.21 15:11

すみません、自己解決しました。
JAVAの削除・再インストールとJAVAW.exeのパスを環境変数に追加して動作するようになりました。

Windowsでいえばエクスプローラーが2000から7に変わったくらいに見やすくなりました。ありがとうございます。
「販売管理で学ぶ…」のご本を先ほど注文いたしました。しっかり学ばせていただきたいと思います。

投稿: わたなべは | 2014.05.21 16:08

わたなべはさん

ともあれ、動いてよかったです。そういうエラーが出たらそのように対処すればいいんですね。

大きくてキレイなフォントで快適にお学びくださいませ(^-^)

投稿: わたなべ | 2014.05.21 19:36

こんにちは。
社内システムの開発に活用させていただいております。
久しぶりにModelerをバージョンアップしたところ、フォントが大きくなってとても見やすくなりなりました。
しかし1280x1024の画面では文字が収まりきらず、頻繁にウィンドウをスクロールする必要があります。
フォントの大きさをカスタマイズできると、もっと嬉しいのですが、ご検討頂けないでしょうか。。。

投稿: かわしま | 2014.06.30 18:00

かわしまさん

ご意見ありがとうございます。そうですか。その画面サイズでは辛いですよね。

文字サイズを大きくしたのは、最近の高密度の画面では文字が小さくなりすぎるからでした。で、ツール全体のレイアウトは新しい文字サイズにもとづいてデザインされています。サイズ可変にすると、レイアウト設定がひどく複雑になってしまいます。

そこで、狭い画面を使っているユーザのために、小さい文字サイズの最終版(1.3.57)をダウンロードできるようにしておきました。文字サイズが小さいだけで、使い勝手は変わりません。ご活用ください。

投稿: わたなべ | 2014.06.30 20:51

こんにちは。
早速旧バージョンをインストールしたところ、見慣れた画面に戻りました。ありがとうございます。

いま気が付いたのですが、データモデル画面のテーブルをつなぐ線の端が、マウスドラッグで移動することができなくなってしまいました。
当方の環境は、Win8.1-64bit、java-1.8.0-b132です。つい先日XPからバージョンアップしました。

立て続けに申し訳ないです。

投稿: かわしま | 2014.07.01 09:00

かわしまさん

Java1.7.*では正常に動作するのですが、とりあえずメールいただけますか。

投稿: わたなべ | 2014.07.01 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォントを替えて設計・開発を快適に:

« オブジェクトモデリングとデータモデリング | トップページ | 設計支援ツールとマルチユーザ対応 »