« 部品表をツリービュー表示する | トップページ | 各種技法の「競演モデリングライブ」を »

2012.12.27

梱包形態のモデリングと加工出荷

 「部品表とフィーチャ・オプション」の記事で部品表と梱包の関係に触れたが、もう少し詳しく説明しよう。たかが梱包と侮るなかれ。現代のメーカーは、顧客が望む入荷時仕様にきめ細かく対応することが求められている。そのため、出荷時の梱包作業は製品の最終仕上工程とも呼ぶべき重要な営業課題になっている。

 たとえば電子部品Aがあって、その荷姿として「箱包装」と「リール包装」の2種類があるとしよう。このとき、それらの形態に包装された出荷品が並んでいるとしたら、それらは同一の「品目」なのだろうか。つまり、両者の部品表上の位置づけは同一なのだろうか。

 まず「異なる品目」と考えた場合、データ状況は図1のようになる。電子部品Aは両者に共通な「中間品」とみなされ、異なる「最終製品」に異なる構成比で組み込まれる。包装形態の違いが「部品表上の位置づけの違い」となって現れることになる。

20121226a

 つぎは「同一品目」と考える場合。つまり、両者の部品表上の位置づけは同じなのだが、受注の際に指定された荷姿(梱包仕様)が異なるという考え方である。品目の部品構成と、出荷のためにどのように梱包するかが別テーブルで管理されている(図2)。この場合の部品表上の「最終製品」は、梱包前の電子部品Aである。

20121226b_2

 これらのデータ様式の違いは、出荷の際の動きとしてどのような違いとして表れるのだろう。図1型では、それぞれの「最終製品」に対する製造指図が発行され、製造の完了に連動して出荷指図される。在庫があればいきなり出荷指図も出来るが、死蔵を避けるためには梱包前の中間品として在庫しておいたほうがいい(梱包をやり直すことも出来るがリールからはずすのは面倒だ)。

 いっぽう図2型では、受注時に梱包仕様が既に決まっているはずなので、電子部品Aに対して梱包仕様指定で出荷指図される。出荷場においてそれぞれの形に梱包されたうえで出荷される。

 開発経験のある方ならば、後者の形のほうがいろいろと都合が良いことがおわかりだろう。部品表とは別に梱包仕様のテーブルを用意しなければならないという難点があるとはいえ、梱包の諸問題を出荷作業に委譲することによるプロセス簡素化の効果は大きい。このようにDB構造というものは業務プロセスまでを含めてトータルに考慮したうえで決まるものであって、データ要件だけから導けるものではない。

 じっさい、出荷場での本格的な梱包作業は「加工出荷」と呼ばれ、近年重要視されている。もともと出荷場には、ダンボールに詰めるなどの一定の工作能力が求められている。これをさらに「顧客が望む荷姿に仕上げる」という本格的な機能を持つ工程とみなすことで、顧客のきめ細かい要望に応えられるようになる。

 ただし、そこらへんの事情を部品表に組み込んでしまうと、顧客の特殊な要望のためだけに新たな品番や部品構成を用意するはめになる。そういった撹乱要素から部品表を守るために、また加工出荷に関わるプロセスやコストを都合よく管理するためにも、図2型のほうがなにかと融通が利くのである。

 部品表の外で梱包仕様を扱うためのテーブル構成は次のとおりだ。FO(フィーチャオプション)を用いている場合には梱包仕様テーブルにFOコードのマスキング条件が組み込まれるが、煩雑になるので省略してある。ここではとくに品目の販売契約との関係に注意したい。販売契約を結ぶ際に、売価だけでなく梱包仕様やこれによって規定される販売単位数までが定まることになる。参考にしてほしい。

[品目]品目id,品名,標準製造原価,{品番}
 +  ̄ ̄ ̄
 | 00001 電子部品A 1,500 ...
 |
 └─∈[梱包仕様]品目id,行番,仕様名,単位,摘要,梱包数,標準梱包原価
     +    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |   00001 01 箱包装   CS ...   100    50
     |   00001 02 リール包装 RL ...  1,000    350
     |
     └─∈[販売契約]品目id,行番,取引先id,発効日,失効日,売価
     ┌─∈      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |       00001  01  0256  04/01 ...  2,100
     |       00001  02  0123  12/01 ...  2,300
     +
    [顧客]取引先id,取引先名,...
        ̄ ̄ ̄ ̄
        0123  X社
        0256  Z社

|

« 部品表をツリービュー表示する | トップページ | 各種技法の「競演モデリングライブ」を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梱包形態のモデリングと加工出荷:

« 部品表をツリービュー表示する | トップページ | 各種技法の「競演モデリングライブ」を »