« デザインパターンそのものをプログラミングする | トップページ | 動くソフトウエアを作る前にアジャイルモデリングを »

2012.09.10

「データモデリングライブ@渋谷(9/29)」のお知らせ

 ユーザからヒアリングしながら「その場」でデータモデルをまとめること――その重要性は何度強調しても強調しきれません。「ウォーターフォール方式」か「アジャイル方式」かに関係なく、業務システムの基本骨格を効率的に確立するためには欠かせない作業です。

 そのためのスキルを身につけるためには、まずはモデリングの過程を実際に眺める経験が要ります。そんな経験がなければ、それが実践可能であることさえ想像できません。とはいえ、これに自信をもって取り組める人材は、開発専業会社の中でさえも限られています。データモデリングを学びたい技術者が、それを眺めるだけの経験さえなかなか得られないのが実状です。また、座学でスキルを磨くことにも限界があります。

 スキルが磨かれなければ、「その場」でのモデリングは敬遠されます。「ユーザにモデルは読み取れないから」とか「動くソフトウエアを優先したいから」などさまざまな理由で、この重大な工程がおざなりに済まされてしまいます。結果的に、基本骨格が脆弱なままでプログラミングが始まり、その先にあるのはいつものデスマーチ。生み出されるものは、保守性の悪い牢獄のような業務システムです。

 そこで今回、業務システムのモデリングの枠組みと効果を体感してもらうために、関東初の「データモデリングライブ」を開催します。参加者からその場で「お題」を提示してもらい、多数決でいくつかにしぼりこみ、それぞれについて渡辺がホワイトボードに業務モデルとデータモデルと機能モデルを描き広げます。データモデルの記法はIE方式ですが、IDEF1XやUMLを使う方にもわかるように進めます。また、サロゲートキー方式への安全確実な変換手順についても説明します。

 お題に制限はありません。守秘義務に抵触しないのであれば、現在関わっている開発案件を提示していただいてもかまいません。ただし「アイスクリーム」や「六畳間」といった、モデリングする意味が判然としないネタではなく、あくまでも実際的な事務作業を支援するしくみをネタにしたいと思います。ライブの後は例によってビールを飲みながら、業務システムのモデリングについてダベりましょう。

「データモデリングライブ@渋谷」
その場でネタを決めてその場でモデリング。「上流工程入門」、「生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング」の著者によるぶっつけ本番のシステム設計ライブ。実践的なモデリングのスキルを盗め。
◆開催日時
2012年9月29日(土)
14:00~18:00 モデリングライブ
18:00~21:00 参加可能な方で懇親会
◆会場
VOYAGE GROUP セミナールーム
渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F
◆参加料
2,000円(当日払い。懇親会に別途500円程度の実費要)
◆申込方法
直接渡辺宛にメールしてください。

|

« デザインパターンそのものをプログラミングする | トップページ | 動くソフトウエアを作る前にアジャイルモデリングを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「データモデリングライブ@渋谷(9/29)」のお知らせ:

» 「データモデリングライブ@渋谷」報告 [設計者の発言]
 9月29日にVOYAGE GROUPで開催された「データモデリングライブ@渋谷 [続きを読む]

受信: 2012.10.03 10:34

« デザインパターンそのものをプログラミングする | トップページ | 動くソフトウエアを作る前にアジャイルモデリングを »