« フィールド数のメトリクス | トップページ | Excel方眼紙がダメな2つの理由 »

2012.07.03

DB設計セミナー開催します(東京7/30-31)

1年ぶりの東京でのDB設計セミナーです。ご検討ください。

■DBシステム分析設計入門セミナー(2日間コース)

<概要>
実装技術は変化が激しいため、多くの技術者がその習得に埋没してしまっています。気がつけば10年泥のように働いたのに基礎的な設計技術さえ身についていない。そんな欠落感を覚える技術者は少なくありません。◆しかし業務システムの開発においてDB設計の出来こそが、プロジェクトの成功と失敗を分けます。なんとか完成したとしても、DB構造がおかしければ保守フェーズでの苦労が待っています。実装技術の学習の優先順位を下げても、DB設計スキルを身につける必要があります。◆システム開発スキルの要諦であるDB構造の分析設計を中心に、業務フロー、業務マニュアル、およびUI設計について、OSSのモデリングツールXEAD Modelerを使って実践的な課題をこなしながら学びます。

<対象と前提>
新人の方にも中堅の方にも役に立つ内容です。PCのひととおりの操作に馴れていさえすれば、必要な前提知識はとくに要りません。XEAD Modelerの最新版がインストールされているノートPCをご持参ください(ご持参できない方にはレンタル可能です)。

<日時と場所>
2012年7月30日(月)~31日(火)10:00~18:00
渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F VOYAGE GROUP

<講師>
渡辺幸三。業務システム向けの設計方法論「三要素分析法」を提唱するシステム開発者。この方法論にもとづくシステム設計を支援するOSSの開発プラットフォームXEADの開発者でもある。DBC代表。著書「データモデリング入門」、「上流工程入門」、「生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング」他。

<学習内容>
―1日目
・方法論の枠組みを学ぶ
 3要素とは/設計手順/サブシステムとは
・業務モデリングを学ぶ
 DFD/イベントドリブンとは/業務マニュアルを書く
・データモデリングを学ぶ(1)
 ER図/関数従属性とは/主キーと外部キー
―2日目
・データモデリングを学ぶ(2)
 正規化/サロゲートキーの活用/DB設計のアンチパターン
・UIモデリングを学ぶ
 機能パターン/一次テーブル
・設計事例を学ぶ
 販売管理システム/生産管理システム

<費用と申し込み方法>
1名 73,500円(消費税込)参加ご希望の方はここにメールしてください。

|

« フィールド数のメトリクス | トップページ | Excel方眼紙がダメな2つの理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DB設計セミナー開催します(東京7/30-31):

« フィールド数のメトリクス | トップページ | Excel方眼紙がダメな2つの理由 »