« さようなら「画面ファイル」 | トップページ | 取引実績テーブルの設計と仕訳 »

2010.12.18

「無限に広がる大宇宙」のコード進行

 たまにはプログラムのコードではなく、音楽のコードの話を書こう。「宇宙戦艦ヤマト」から「無限に広がる大宇宙」のコード進行である。

Gm ,F ,C/E ,Eb ,Dm ,Db ,Csus4 ,C7 ,

Fm ,Eb ,Bb/D ,Db ,Cm ,B ,Bbsus4 ,Bb :||

 ベースが順次下降していって、1段ごとに曲のキーまでが下がった感じになるという不思議なコード進行だ。もともと作曲者の宮川秦氏が「宇宙のお葬式」と呼んでいた曲で、じっさい葬送曲のような厳粛な雰囲気がある。これに川島和子さんのなんとも甘くて情感にあふれたスキャットが乗っかる。コードの上で浮遊するような7度や9度で構成されたメロディが印象的で、その尋常でない美しさにノックアウトされたファンは数知れない。

 実写版の映画でもこの名曲は使われており、往年のファンとしては涙なしに観れない。映画を観た後、あまりに懐かしくて耳コピした次第である。ピアノでベースを豊かに響かせながら中音域でゆったりとアルペジオを弾いて、奥さんか恋人にスキャットを歌ってもらおう。無限に広がる宇宙空間へワープできる。

|

« さようなら「画面ファイル」 | トップページ | 取引実績テーブルの設計と仕訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「無限に広がる大宇宙」のコード進行:

« さようなら「画面ファイル」 | トップページ | 取引実績テーブルの設計と仕訳 »