« 卸売業でも「ロット管理」は常識 | トップページ | 新刊「販売管理システムで学ぶモデリング講座」 »

2008.04.13

自治体システムのレファレンスモデル

 3月にITC長野の集まりで話をしたことがきっかけで、自治体システムのレファレンスモデルをXEADでまとめている。そのうちに「CONCEPTWARE/自治体」として公開するつもりだ。

 参考情報としては、(財)地方自治情報センター(通称LASDEC)によるもの(自治体EA 業務・システム刷新化の手引き)と、(財)全国地域情報化推進協会(通称APPLIC)によるもの(地域情報プラットフォーム標準仕様書V2.0)の2系統がある。いずれも総務省が主導している。

 全体の基礎部分といっていい「住民基本台帳」まわりのデータモデルを紹介しよう。短時間でまとめたものなのでまだまだ改善の余地がありそうだが、雰囲気はわかるだろう。LASDECの資料に含まれているUMLERDとも比較してみると面白いと思う。

Jyukimodel

|

« 卸売業でも「ロット管理」は常識 | トップページ | 新刊「販売管理システムで学ぶモデリング講座」 »

コメント

XEADを使わせてもらっています(感謝感謝です^^)。
そこで、1つ要望があります。業務フローでの「ノードの追加」時に指定するタイプで、DBのようなドラムの絵を指定できたらと思っています。渡辺さんの書籍でもドラムで書かれていたかと思います。是非、ご検討してくださいませ。m(_ _)m

投稿: dt | 2008.05.11 01:19

dtさん

「台帳」のアイコンがあれば足りると思っていましたが、ドラムもあって悪いことはないですよねえ。検討します。ご提案、ありがとうございました。

投稿: わたなべ | 2008.05.11 16:51

XEADを業務で使わせてもらっています。先日、上司とデータモデルのレビューしたときに、次のような指摘を受けました。

上司「この絵(データモデル)だけど背景色と関連の線が同じ青色系で同化しちゃって見ずらしなあ」(補足:資料は、XEADのデータモデルを画像出力してエクセルに貼り付けたもの)。

そこで私は緊急処置として、XEADから直接データモデルを印刷し、カラー出力ではなくモノクロ出力で印刷して対応しました。これだと関連線と背景がそれぞれ白と黒で見やすくなります。

しかしながら、これは印刷出力用なので画像ファイルとしては出力できません(仕事上、エクセルにデータモデルの画像を貼り付けて上司が確認する場合もあるので)。

そこで、おこがましいながら、渡辺さんにお願いしたいのですが、データモデルの画像出力の際、背景色と関連線がそれぞれ白と黒で出力できるようにご検討いただけないでしょうか。

XEADという非常に良質なアプリケーションをフリーでご提供していただき、このようなお願いを申し上げるのは、いささか抵抗があり渡辺さんも大変お忙しい身かと存じますが、何卒ご検討いただければと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: hiro | 2008.05.15 15:52

hiroさま

ご提案、ありがとうございます。そこらへんの問題は、最新版のXEAD(1.3.17)で対応済なので、インストールのうえ試してみてください。

データモデルのイメージ出力を実行すると「通常配色か印刷用配色か」を確認するダイアログが表示されるので、そこで「印刷用配色」を選択すれば、背景が白、関連線が黒、の配色でイメージ出力されます。

もうひとつの方法として、PDF出力して、そのイメージを画像データとして取り込めば、上記の配色でもっとも鮮明なイメージが手に入ります。

投稿: わたなべ | 2008.05.15 17:35

渡辺さま

早速、「印刷用配色」を選択の方法で、データモデルのイメージ出力の件を試してみました。おっしゃる通り、背景が白、関連線が黒、の配色でイメージ出できました。ありがとうございます。

もう一方のPDF出力の方法ですが、いろいろ試してみたのですが、やり方がわかりませんでした。大変お手数をおかけして申し訳ございませんが、簡単でよいのでやりかたをご教授いただけないでしょうか。尚、XEADのバージョンですが最新版のXEAD(1.3.17)を使用させてもらっています。

お忙しい中、申し訳ございませんが、以上、よろしくお願いいたします。

投稿: hiro | 2008.05.16 11:18

hiroさま

「PDF出力」というのは、XEADの機能ではなく、PDFライター(pdfが拡張子であるような文書を出力するための有償・無償のソフト)を用いて印刷物をファイル出力するやり方のことです。

PDFライターをインストールすると、それがあたかもプリンタのひとつのように表示されるようになります。印刷時にそれを選択すれば、印刷物ではなくPDF文書として出力されます。それをAdobe Reader等のPDFリーダーで読み込んで拡大してスナップショットすれば、印刷物のきれいな画像ファイルが得られます。お試しください。

投稿: わたなべ | 2008.05.17 11:26

渡辺さま

ありがとうございます。早速試してみました。なるほどです。Linuxのeps出力(Tgif)みたいな感じですね。

対応していただき本当にありがとうございました。
本当に助かりました。

追伸:今後、業務を通じてXEADの活用を普及していこうと思っています。

投稿: hiro | 2008.05.17 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自治体システムのレファレンスモデル:

« 卸売業でも「ロット管理」は常識 | トップページ | 新刊「販売管理システムで学ぶモデリング講座」 »