« フィーチャオプションと部品表 | トップページ | 卸売業でも「ロット管理」は常識 »

2007.11.26

講演「方法論の時代からサンプルライブラリの時代へ」

 企業システム向け分析設計方法論の議論が始まってから20年以上たつのに、誰でも利用可能な設計事例ライブラリがいまだに欠如したままである。本来ならば、設計方法論というものは、実用レベルの設計事例という「方法論の妥当性の根拠」とともに示されるべきだ。

 ところが、「設計事例はお客様の知的資産なので公開できない。だいたい、企業システムはそれぞれが固有なものなので、設計事例をライブラリ化しても意味がない。それに、この方法論はまだまだ発展途上である」などのもっともらしい言い訳で、それぞれの方法論にもとづく設計事例が紹介されないことが放任されている。これって変じゃないか?

 DOA+コンソーシアムの年次総会で、そんなヨタ話をします。興味のある方はご参加ください(コンソーシアムへのメンバー登録が必要です)。懇親会でビールを飲みながらダベりましょー(^^)

(以下、総会案内より抜粋)

DOA+コンソーシアム2007年総会

【日時】:2007年12月6日(木)13:30-17:30
【場所】:Granpark 田町 大会議室
【内容】:

- 挨拶 代表幹事(13:30 - 13:50)

- 2007年度分科会各部活動報告(13:50 - 15:20)
 ・第一分科会
  「データモデル表記法比較報告」
 ・第二分科会
  「バリデータコンセプトモデル」
 ・第三分科会
  「レファレンスモデル作成プロジェクト」

- 特別講演(15:40 - 17:10)
 「方法論の時代からサンプルライブラリの時代へ」
  ディービーコンセプト代表 渡辺幸三 様

- 質疑応答(17:10 - 17:20)

- 17:30 懇親会 (トゥザハーブズ)  会費2,000円

|

« フィーチャオプションと部品表 | トップページ | 卸売業でも「ロット管理」は常識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講演「方法論の時代からサンプルライブラリの時代へ」:

« フィーチャオプションと部品表 | トップページ | 卸売業でも「ロット管理」は常識 »