« 「アジャイル開発」に先行して「アジャイル分析設計」を | トップページ | 拡散思考と集中思考のバランスをはかる »

2006.07.15

新刊書の校正作業完了

Rensyutyou_2 7月末に出版される「業務システムモデリング練習帳」(日経BP社,2600円+税)の校正作業がすべて終わった。頭をぎゅうぎゅう絞って考える作業やこまごました校正作業が終わったことの開放感があるいっぽう、作品が手元から離れてしまうことの寂しさや大きな仕事が終わった後の虚脱感もある。

 今回の本は、前著「上流工程入門」では付録扱いだった「モデリングセッションの実況中継」が核になっている。「家計管理システム」、「プロジェクト管理システム」、「科目履修管理システム」、「診療管理システム」といった業務分野をモデリングする過程が紹介される。

 業務フロー、データモデル、UI、業務マニュアルといった基本要素のモデリング過程が実況されるだけでなく、描かれたものに対するユーザーからのツッコミに応える過程が「練習問題」になっている。目の前のユーザーが納得できるようなモデルをその場で提示する。それは過酷だけれど現実的な課題で、それに応えるための訓練の意義は大きい。もちろん、実際に現場で経験するほうがずっと良い訓練にはなるはずだが、これまでのモデリング入門書が提供できていなかったある種の臨場感を提供できていると思う。

 特筆すべきは、「科目履修管理システム」のモデリング事例にもとづくコンテンツ「CONCEPTWARE/科目履修管理」が同時公開される点だ。ユーザーの話を聞いてモデルを描いたり修正する局面だけでなく、ひととおりのモデリングの後に設計ツールXEADで基本設計情報として整理した結果までを観察できる次第である。

 本が店頭に並ぶのは7月31日8月2日からなので、「CONCEPTWARE/科目履修管理」もそれまでにアップする予定だ。両方とも、夏休みの暇つぶしにどうぞ。

|

« 「アジャイル開発」に先行して「アジャイル分析設計」を | トップページ | 拡散思考と集中思考のバランスをはかる »

コメント

はじめまして。表紙の写真が載りましたね。丸いのは、浮き輪でしょうか?

投稿: 真田一戸 | 2006.07.19 22:17

出版おめでとうございます。
書店で見かけたらすぐに買わせていただきますね。

投稿: 濱田 章吾 | 2006.07.19 23:01

>真田さん

そうか、これは浮き輪だったのですね。設計者を翻弄する要件定義の荒海に投げ込まれた浮き輪。「ウキワ本」と呼ぶことにします(^^;

>ハマショーさん

ありがとうございます。UML使いにも勉強になると思います。ご活用ください。

投稿: わたなべ | 2006.07.20 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊書の校正作業完了:

» 業務システムモデリング練習帳 [Hot Heart, Cool Mind.]
トラックバックさせて頂きました。 [続きを読む]

受信: 2006.08.10 22:33

« 「アジャイル開発」に先行して「アジャイル分析設計」を | トップページ | 拡散思考と集中思考のバランスをはかる »