« けっきょくすべてが「SE本」 | トップページ | 万感の想いをこめて「めだかの学校」を弾く »

2006.03.11

データモデルのデータモデル

 品目C 品名 品種C 品種名
 45321 TS20  20   抵抗
 84633 BSG5  10   コンデンサ
 98737 TH40  20   抵抗

 電子部品に関する上のようなデータがあるとする。このデータをそのデータ構造とともに、三要素分析法の様式で示したものが次の図(1)である。

model1

 データ構造を視覚化したものなので「データモデル」と呼ばれる。「データに関するデータ」という意味で「メタデータ」と言われることもある。データを管理する際にメタデータを把握することは重要だ。これを怠ると、データを追加したり更新したりするうちにデータの整合性が崩れてゆく「更新時異状」と呼ばれる事態を招く。

 さまざまなメタデータを管理するシステム、すなわちデータモデリングツールを組み立てたいのであれば、「データモデルのデータモデル」が必要になる。三要素分析法向けのデータモデリングツールXEADは、次のようなデータモデル(2)にもとづいて組み立てられている。

model2

 メタデータのメタデータなので、「メタメタデータ」と言われたりする。(2)に(1)のテーブル構造をインスタンスとして書き込むと次のようになる(3)。

model3

 (2)に(2)自身のテーブル構造をインスタンスとして書き込んでみると、エッシャーの絵を見ているような眩暈感をともなう面白いモデルになる(4)。

model4

 XEADは、Java+XMLで実装されている。この「データモデルのデータモデル」を利用すれば、言語がCでも.Netでも、ストレージがXMLでもRDBMSでも、データモデリングツールを実装できる。これもまた、実装独立な論理モデルの一例だ。

|

« けっきょくすべてが「SE本」 | トップページ | 万感の想いをこめて「めだかの学校」を弾く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: データモデルのデータモデル:

« けっきょくすべてが「SE本」 | トップページ | 万感の想いをこめて「めだかの学校」を弾く »