« 売掛金と消費税の仕訳 | トップページ | 統一感を取るかわかりやすさを取るか »

2006.01.21

振込手数料と消費税の仕訳

 前回で売上と回収における消費税の扱いを見たので、今度は仕入と支払のほうを見よう。商品を購入・検収すれば債務が発生するが、その時点での仕訳は次のようになる。前回で説明したように、消費税はこのタイミングで認識される。

【仕入計上】
 仕入  10,000/買掛金   10,500
 仮払消費税  500

 回収と同様、支払方法によって支払時の仕訳は異なる。手形、現金手渡し、口座振込での仕訳は以下のとおり。口座振込での支払で計上されている仮払消費税は、振込手数料にともなうものであって、仕入にともなう消費税はどの例でも意識されていない点に注意。

【支払手形での支払】
 買掛金 10,500/支払手形  10,500

【現金手渡しでの支払】
 買掛金 10,500/現金    10,500

【銀行口座振込での支払】
 買掛金 10,500/当座預金  10,815
 振込手数料  300
 仮払消費税   15

 ただしよく見ると、前回のエントリーで示した口座振込での回収の仕訳と、消費税の扱いが異なっていることがわかる。回収にともなう振込手数料には消費税が認識されていない。

【銀行口座振込での回収】
 当座預金 10,185/売掛金  10,500
 振込手数料   315/

 なぜこのような違いが生ずるかというと、回収時の振込手数料が感覚的には「値引」に近いもので、銀行の口座振込サービスに対する代価ではないからだ。ただしこれは、あくまでも振込手数料を顧客が負担することが常態であるようなケースである。もし、口座振込の際の手数料をこちらで負担するという事前の取り決めがあるとすれば、回収の際に銀行の口座振込サービスを受けていることになるので、次のように仕訳されることになる。

【銀行口座振込での回収】
 当座預金 10,185/売掛金  10,500
 振込手数料   300
 仮払消費税    15

 このケースでは、顧客が勘違いして手数料を負担した形で入金してきた場合に売掛残高以上の過入金が起きてしまう。

【銀行口座振込での回収】
 当座預金 10,500/売掛金  10,500
 振込手数料   300/預り金     315
 仮払消費税    15

 次月以降の取引が当面ないようであれば、預り金を返還しなければいけない。多少の損をすることはあっても、振込手数料が顧客負担になっていたほうが、顧客が勘違いした場合の後処理は楽といえる。

 なお、前回のエントリーで、「CONCEPTWARE/財務管理」の改訂版では、月間の売上高と消費税額の合計にもとづいて仕訳されるようになっていると説明したが、厳密に言えば売上高は「課税売上高(税抜)」と「免税売上高」と「非課税売上高」とに分かれている。仕入高については課税仕入にともなう消費税額を見ればいいのだが、売上のほうはそれらの3種類に分かれていなければならない。なぜかというと、売上高全体に占める課税売上高の割合が95%以上かどうかで、納付(還付)されるべき消費税額の計算方法が変わってくるためだ。

 このように、消費税の扱いに関して言えば、売上・回収と仕入・支払とは完全なシンメトリーにはなっていない。ややこしいが仕方ない。

|

« 売掛金と消費税の仕訳 | トップページ | 統一感を取るかわかりやすさを取るか »

コメント

初めまして。
興味深くブログを読ませていただいてます。
さて、債務支払時の振込み手数料ですが、振込み手数料が相手負担なのか、自社負担なのか。
また、振り込み手数料一括引落なのか都度引落なのか、窓口支払なのかによって、支払仕訳と手数料の仕訳を認識するタイミングが変わります。
あと、消費税ですが、売上は上記分類に加えて、有価証券の譲渡対価というものもありますよ。
いずれも課税売上割合の計算に関するものですね。
それから課税仕入れですが、課税売上対応、非課税売上対応、共通売上対応という区別が必要ですね。
あとは、詳しい説明は省きますが、小売等以外では実際に受払いした消費税と仮払・仮受消費税の金額は一致しなくても問題はありません。
また、覗かせてくださいね。

投稿: いち会計システム設計者 | 2006.01.24 19:49

>いち会計システム設計者さん

ご教示感謝です。参考になります。振込手数料支払が債務支払とタイミングが異なるなんてこともあるんですね。

投稿: わたなべ | 2006.01.25 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 振込手数料と消費税の仕訳:

« 売掛金と消費税の仕訳 | トップページ | 統一感を取るかわかりやすさを取るか »