2019.11.05

「ラグビーW杯」をモデリングしよう

 2019ラグビーW杯が大盛況のうちに終わった。その余韻がまだ残る11月16日(土)の午後に、名古屋で「ラグビーW杯のモデル」をテーマとするイベントが開催される。オリンピックをモデリングするためのイベントが開催できなかったので、そのリベンジでもある。

 まず、私がまとめたモデルを紹介しよう。チームとメンバーを事前に登録し、年指定の開催や試合予定に関するデータを追加してゆく。第1回から今回までを登録すれば、往年の選手が過去のW杯でどんな活躍をしたかやチーム別の実力の推移など、さまざまな情報を自在に取り出せるDBが出来上がる。

010_wcr_xtea

 当日はこれを含む何種類かのモデル(UMLやIDEF1Xを含む)の説明と、それらにもとづいて実装されたシステムの動作や開発手順が解説される。順位こそつけないが、アジャイルのためのさまざまな実装手段による大競演である。名古屋経済大学の中西昌武教授による「データ処理パターン」の数学的分類に関する特別セミナーも開催される。データ処理のパターン分けは、業務システム開発の合理化において欠かせない論点なので、開発者には有意義な学びになるはずだ。

 また、確立されたデータモデルを起点にできるのであれば、アジャイル開発の効率が最大化されることもわかってもらえるだろう。データモデルなしでアジャイル開発を進めれば、テーブル数が数十を超えるような案件では「アジャイル・デスマーチ」に陥る可能性が高い。「アプリや業務体制を明らかにすれば、データモデルはおのずと明らかになる」のではない。そもそも今回のお題について言えば、参考にすべきアプリや業務フローが存在しない。まずは、扱われる情報の本来の形(データモデル)を明らかにして、そこからアプリや業務のあり方を演繹するのでなければ、効果的なシステム仕様は手に入らない。

 そういった話題も含め、業務システムの設計・開発に関するさまざまな議論を楽しめる1日になるだろう。なお、現時点では4チームが参加予定で、あと2チームの参加を受付中である。腕に自信のある開発者はぜひ応募してほしい。

アジャイル開発大競演「ラグビーW杯データ管理システム」
2019/11/16(土)12:30~17:00、名古屋経済大学 名駅キャンパス
申し込みはこちらから

| | コメント (1)

«骨格→筋肉→皮膚の順序で仕様を決めよう